ポケったりなんかしたり

ポケモンのweb漫画描いてます。(左のメニューからどうぞ)あとは対戦実況したり、アニメの感想書いたりイラスト描いたりしてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JPG22_201503011641077b5.jpg


謎 会 話





以下カブトボーグ7話の感想です






JPG0_201502230046173d0.jpg

ボォォォォォォォオオオオオグバトゥ!

それは、熱きボーグバトラー達の戦い!

ボォォォォォォオオオオオオグバトゥ!

それは、人生の縮図、男のロマンである!



JPG3_20150301022250dfe.jpg



気が向いたので感想かくことにしました





JPG0_201503010223506b9.jpg

授業中
筆箱を前の時間で使った理科室に置き忘れ、焦るリュウセイさん


JPG1_20150301022354cb7.jpg

そんな彼を見て、クラスメイトの板里網子はリュウセイさんにシャーペンを貸します


JPG2_20150301022356f17.jpg

放課後、リュウセイさんはシャーペンを返しそびれてしまいます。
そして、シャーペンから何か独特な臭いがすることに気づくのでした。




JPG4_20150301022357f0b.jpg

場所は変わってロイドさんの店にきたリュウセイさん達。
なにやらボーグバトルで勝手にリュウセイさんがバトルすることになっていたようです。



JPG5_2015030102235869b.jpg

「聞いてねえぞこんなバトル!」

「Oh、アレデェースカ。プサンコウッテイウノハア、アシタ?トゥモロー」

「コノマチノコウガイニオープンスル、オオキナチュウシャジョウツキノビッグカイテンズシテンナンデスガ」

「ソノミセノオーナーニタノマレチャッタノデェース」

「ソレデオモイツイタノガ、コンカイノバトルナンデスヨー」


「勝手に思いつくなって!」

「ソーンナワケデ、ハナシガキュー↑キョダッタモンデ」

キュー↑キョコノキカクヲオモイツキ、キュー↑キョポスターマデツクッテシマッタンデスヨー」





喋り方うっぜぇええええええ



JPG6_20150301023220f6d.jpg

「メイワクデシタカ?」

「迷惑でしょ!勝手にバトル組まされてんだから」



リュウセイさんがとてもマトモなことを言っている…


いやでもホビーアニメの主人公として戦いたくないのはどうなんだろうw






JPG5_2015030102235869b.jpg

「あれ?でも、どうして俺なの?」

「ダーレデモOK! ヨカッタンデェース!」

「えっ」

「ジツハァ…」







JPG9_20150301023225f0e.jpg

「サーテ、ダレニナルカナァー…ウイーット」







JPG10_20150301023226aab.jpg

「リュウセイクーン」






雑すぎィ!







JPG11_2015030102322777a.jpg

「マジかよ…クジかよ…」

「クジじゃしょうがねえな」

「納得しました」




何故か納得する3人




JPG12_201503010250153bf.jpg
JPG13_201503010250210e3.jpg

ちなみに優勝するとそこの回転寿司の食べ放題がもらえるのだという
自分達が戦えなくても、リュウセイが勝てば回転寿司を食べられると思う2人。



JPG15_20150301025022d4c.jpg

「テンサイビショウジョボーガー、ベネチアンノコト、キキタイデスカ?」

「聞きたい!」




JPG14_2015030102502145c.jpg

「ヨウヤクバトルスルキニナーリマシタネー!ンフー」


「気持ち悪いから声出して笑ってくれない?(マジギレ)」






殴り飛ばしたくなる顔である








JPG16_2015030102502418b.jpg

話を聞いて早速素振りをするリュウセイさん



JPG17_20150301025816eec.jpg

「リュウセイには絶対に勝ってもらわなきゃ!」

「かいてんずーしー」「かいてんずーしー」

「かいてんずーしーたべほうだい!」「かいてんずーしーたべほうだい!」



都合がよすぎるwww





JPG18_201503010258198db.jpg

「ペペロンチィィイイイイイノ!!!」

「お、お前は!?」


練習をしていると、突如現れる仮面の少女



JPG19_2015030102582135a.jpg

「天才美少女仮面ボーガー、ベネチアン!」


どうやら、宣戦布告をしにきたらしいです。


JPG20_201503010258224d5.jpg

「自分で自分のことを恥ずかしげもなく天才とか美少女とか言う奴は、俺は嫌いだ!!」

「あなたがウワサの?」



JPG21_201503010258233ac.jpg

「そうだ、俺こそウワサの天才美少年覆面ボーガー、天野河リュウセイ!」

「自分だって、自分を天才とか美少年とか言ってる…」

「それに覆面じゃなく、ただの紙袋だし…」


いつもより冴えているケンのつっこみ
しかし、ここでリュウセイさんはとんでもないことをしでかします


JPG23_201503011641114c5.jpg

「ん?なんだこの臭い…クンカクンカ」



へ、変態だ…


さすがのベネチアンもいきなり臭いをクンカクンカされたことが嫌だったようで、

「不愉快です!帰ります!」

と言い、その場を去るのでした。
そして、リュウセイさんはあることに気が付きます。



JPG24_20150301164113f1f.jpg

「板里網子から借りた鉛筆と、同じ臭いがする…!」



そして、そのことに気づいたリュウセイさんはこんなことを言います。




JPG25_20150301164113258.jpg

「あっ!俺急に思い出した!!」

「なにを?」



















「てきとうに考えておいて!」













JPG26_20150301164115412.jpg

「うん!わかった!」

































どういうことだってばよ…














JPG27_20150301182729dae.jpg

「うーん、なんだろう…リュウセイの思い出したものって…」


「ケン、君の方がおかしくなったんじゃないか?」



「そうかもしれない…!」








おかしいのはこのアニメだよ…









JPG29_20150301182734b25.jpg
JPG30_2015030118273563e.jpg

一方、ベネチアンの後をつけてきたリュウセイさん
ベネチアンの家を突き止め、またその正体がクラスメイトの板里網子であることを知ってしまいます


そして、その様子を観察するリュウセイさん
彼女には兄弟がいてお腹をすかせて姉の帰りを待っていたようです。


JPG32_201503011847060c1.jpg
JPG31_2015030118273641a.jpg

「お腹が鳴るほどお腹がすいていたなんて、今時珍しいくらいの貧しさ…!」












??




どういうことだってばよ…







JPG34_201503011847112b6.jpg
JPG35_20150301184711502.jpg
JPG36_201503011847127f5.jpg


そして、彼女はお腹をすかせた妹たちのためにパスタを作ってあげます。
しかし、それはパスタにオリーブオイルをかけただけの素パスタ…
妹たちはそれを無理しておいしそうに食べるのでした。




JPG33_20150301184707f8b.jpg

「おいしいはずないわね…」

「オリーブオイルをかけただけの、素パスタなんて…」






JPG37_201503011856216a5.jpg

「素パスタ!?…貧しすぎるよ…!」



さすがのリュウセイさんもこんな光景を見ていて居たたまれない気持ちになります。
外道の目にも涙。涙を流して板里網子の境遇に同情するのでした。





JPG38_20150301185625751.jpg

「板里網子の作る素パスタの、オリーブオイルの臭いだったんだ…!」


鉛筆やベネチアンから漂う臭いの正体に気づいたリュウセイさん。
さらに追い打ちをかけるかのように板里網子は呟くのです。




JPG39_20150301185626751.jpg

「いつもいつも、素パスタばかりでごめんなさい…」

「今度のバトルに勝って、必ず回転寿司を食べ放題…させてあげるから…」

「だから!天野河リュウセイには絶対に勝たなければいけないの…!」






JPG41_20150301185628541.jpg

板里網子の辛い境遇に同情したリュウセイさんは完全に戦意を消失させてしまうのでした





そして、翌日





JPG42_20150301185630e94.jpg
JPG43_2015030119005297e.jpg

「リュウセイくんの様子、おかしくない?」

「勝利への気迫が感じられないぜ…」



もちろん、2人はベネチアンの家の都合なんか知るはずがないので
いつもと様子が違うリュウセイさんを不思議に思うのでした。



JPG44_201503011900580f9.jpg

「チャージ3回!フリーエントリー!ノーオプションバトル!」



JPG45_20150301190100159.jpg

勝つ気満々のベネチアンと戦意を喪失しているリュウセイさん。
ベネチアンに押され、リュウセイさんは負けそうになります。

そして、そんな様子をみた勝治とケンは



JPG46_20150301190101de0.jpg

「リュウセイ!何があったんだよ!」

「朝から一言もしゃべらないし…」

「…」






リュウセイさんはド外道であるが、ひとつ、忘れてはいけないことがある






JPG47_201503011901023b5.jpg

「無視かよ!」

「わかった!僕達に回転寿司を食べさせたくないんだね!」







リュウセイさんの友人であるこいつらも外道であるということである





JPG48_2015030119532006c.jpg

「俺たちの友情って、そんなものだったのかよぉ!!!」




親友が元気なくても寿司のことしか考えていない勝冶と


寿司が食いたいばかりに親友に殴りかかるケン




コイツら本当に友達なのかw



そして、そんな様子を見ていたロイドさんは止めにかかります。



JPG49_20150301195320723.jpg

「ボウリョクハイケマン!」

「リュウセイクーン、ナァニガアッタノカハシリマセンガ、クイダケハノコサナイヨウ、バトルシナケレバイケマセン」

「ソレガシンノ、ホントウノボガデェス」




※元はといえば原因を作ったのはロイドさんです







JPG50_20150301195325051.jpg

ロイドさんのアドバイスを受けたリュウセイさんは、ベネチアンに
「お前は本当にイタリアの貴族なのか?」と質問します


JPG51_20150301195326788.jpg

いろいろあって日本に来たという今までの境遇を話すベネチアン
事情を知ったリュウセイさんはまたも同情の視線をベネチアンに向けます


JPG52_201503011953265b7.jpg

「そんな目で私を見ないで!」

「私を同情の目で見ています!」




JPG54_20150301201531de7.jpg

「ベネチアン、君に日本の偉い人の言葉を贈ろう!」



JPG55_20150301201532cd8.jpg

「同情なき同情は同情とは言わず、同情する同情を同情と言う」

「何方のお言葉ですか…?」

「…柳川どじょう!」



カッコよく言い放つリュウセイさん。

しかし…








JPG58_201503012015353bb.jpg

「……!し…失礼な!イタリア貴族にどじょうの言葉を贈るなんて!」

「イタリア貴族への屈辱でーす!!」




「そ、そんなに怒ることないだろ」




「そんなに怒りマース!」







どういうことだってばよ…



どうやら、ベネチアンはリュウセイさんが贈った言葉を
泥鰌?の言葉だと勘違いして?気に食わなかったようです。(無理やり解釈した)




JPG56_20150301201532fc5.jpg

「大人しく負けてやろうと思ったけど、その顔見ちゃあ、負けるわけにはいかない!」

「望むところデース!」




そして何故か戦意が復活するリュウセイさん



ベネチアンにありがたい言葉を贈ったつもりだったのにキレられたからリュウセイさんも怒った


どう見てもそんな風にしか見えないんですがそれでいいんでしょうか…?




そして、互いの必殺技がぶつかりあいます

JPG59_201503012015350d4.jpg

「決めましょう!サンタルチア・ポマドーロ・ルネッサンス!」

「ベネチアン・パスタ・クラーッシュ!!」







謎パスタ






JPG60_20150301204120657.jpg

「ピクルス・バージリア・シャイーン!」







謎野菜




JPG61_20150301204122157.jpg
JPG62_2015030120412663c.jpg
JPG64_20150301204126ff8.jpg

結局負けてしまうベネチアン



~後日~



JPG65_201503012041283cb.jpg

「リュウセイクンハ?」

「今日はお寿司、食べたくないんだって!」




お前ら心配してやれよ!






JPG66_20150301204719ded.jpg
JPG67_201503012047206ee.jpg

そして、惜しくも敗北したベネチアン、板里網子は今日も妹たちに素パスタを作ってあげるのでした。




~完~






まとめ的なやつ


貧乏なベネチアンを見たリュウセイさんがとった行動
途中まではいいんですが最後が謎すぎる話でした。というのも、


貧乏なベネチアンの家庭事情を知る→リュウセイさんが同情する→わざと負けようとする


ここまでの流れは大体理解できます。問題はこの後の展開です。ここで予想される展開は



わざと負けるのは相手に失礼、全力でうち勝つ、それがボーグ魂!勝ったら事情を話し寿司はベネチアンに譲る



というのが一番王道だし綺麗にまとまる展開ではないのかな、と思います。しかし、結果は



同情してありがたい言葉を贈ったらキレられたから全力で戦った。寿司は譲らず何故か自分も食べない



というものでした。なるほど、意味がわからない…


というのも、視聴者からしてみたら
わざわざAパート丸々使ってベネチアンの事情を知って戦意を喪失したリュウセイさんを見せておいてそりゃあないよと思うワケです。


リュウセイさんの「ベネチアンの家庭事情を知ってしまった、このまま勝つのはかわいそう」っていう葛藤はなんだったのかと。


それでもってなんかイイハナシダナーって感じにおわってしまっているわけで…ベネチアン一家は何も状況が変わってないわけで…


展開だけで言えば、元気がない親友を励まそうもせず寿司が食いたいがために追い詰めたケンと勝冶が幸せになった
という胸糞な話であったといえます。しかし、問題なのは


ベネチアンに同情したリュウセイさんが言葉を贈る(柳川どじょうで検索したけど出てこなかったorz)
どじょうの言葉を贈ったとベネチアンがキレる(プライドが傷ついた?それにしてもなんで怒ったのかよくわからない)
何故かリュウセイさんが逆ギレする(←励まそうとしたのに怒られたから)
全力でベネチアンに打ち勝つ、寿司は譲らない(←キレられたから譲る気がなくなった?)
ケンと勝冶は寿司を食べるけどリュウセイさんは食べない(←???)


とりあえずいろいろとよくわからないわけです


脳内補完で、「ベネチアンの様子を見に行くために寿司は断った」
「ベネチアンは寿司を食べられないし、その原因を作った自分にも後ろめたさがあるから寿司を断った」と考えても


「板里網子…いや、ベネチアン!
焼肉食い放題のバトル…いつでも受けてたーつ!!!」



と最後叫んでいるのをみると本当にわけがわからないわけです。


マジで今までの葛藤はなんだったの?ベネチアン潰す気満々じゃない??って、思うわけなのです


今回の謎会話「俺、急に思い出した!」「なにを?」「てきとうに考えておいて!」もそうなんですが


いろいろ高度すぎて1回流して見ただけでは理解が追いつかないなーと思いました(畏怖)







☆次回予告☆

JPG68_20150301204721f4d.jpg


まーた死ぬ死ぬ詐欺か







いいなと思ったらランキングボタンをクリックしてください!
喜びます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


FC2Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://pokemon710.blog.fc2.com/tb.php/104-4190b3b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。