ポケったりなんかしたり

ポケモンのweb漫画描いてます。(左のメニューからどうぞ)あとは対戦実況したり、アニメの感想書いたりイラスト描いたりしてます。

1a1f54cc-s.jpg


お久しぶりです。
114514年ぶりにブログを更新した気がする。
新年あけおめすら言ってないですね、
今さらですが新年のあいさつ申しあげます。あけました。おめでとうございました。

さて、今回は映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生を見たので感想かきにきました。

結論から言うと神映画だったのでみてください。


以下ネタバレだらけの感想です、続きを読むからどうぞ。




めっちゃ真面目な感想です。最後の方もめっちゃ真面目な感想です。


ドラえもんと言えば日本を代表するアニメ作品のひとつともいえるとても有名な作品です。

どこにでもいるようなふつうの少年で要領が悪く、勉強も運動もできないのび太と
そんなのび太のサポートをする便利ポケ…ロボットのドラえもん、
みんなの憧れしずかちゃん、ガキ大将のジャイアン、ジャイアンの威を狩るずる賢いスネ夫、
そんな個性的なキャラ達の日常を生々しくもコミカルに描いた作品が「ドラえもん」です。


新・のび太の日本誕生の概要を簡単に説明すると(映画公式サイトから引用)

いえでを決心したのび太たたち5人は、
タイムマシンで、誰もいない7万年前の日本に行くことに。
原始時代の日本で、自分たちだけのパラダイスを作り、
たっぷり遊んだのび太たたちは、いったん家に帰ることにしたが、
なぜか現代で原始人のククルと出会う。
どうやら時空乱流に巻きこまれて現代に来てしまったらしい。
そして、ククルの家族がいるヒカリ族は、精霊王ギガゾンビとクラヤミ族に襲われたという。
ククルとともに原始時代に戻った5人は、
ヒカリ族を救うため立ち上あがる!
史上最大の家出から、史上最大の冒険が始まる!!



いつも怒られてばかりののび太はその生活に嫌気が刺し、
家出を決意、ドラえもんの力を借りて過去に遡るところから物語はスタートします。

概要はこんな感じです。以下ネタバレだらけですので嫌な方はブラウザバックを。








ドラえもん映画は子供向けではなく家族向けに作られた映画であるという点が
よく強調されているように感じました。


今回子供たちが親のプレッシャー、または上手くいかない自分や自分の生活に
嫌気がさして家出をするというところから始まるのですが
親には言えないけど友達同士でなら思っていることを直球に言い合う様子、
成長期の多感な時期の子供の中で渦巻くさまざまな感情、子供たちの素直な心理描写が
綿密に描かれていたところがとても魅力的でした。

ですが家族向けと私が言ったのはそれだけの意味ではありません。

「子供」の特徴といえばやはり「成長」です。
肉体的、精神的に常に成長していくのが「子供」です。
未熟なのが子供でないのです。伸びしろがあるから「子」なのだと思っています。

子供が成長していく様子が描かれているのは正直に言ってほとんどの子供向け作品に言えることでしょう。
子供向け作品というのは子供が真っ当に成長するための後押しをするためにあると考えているからです。


作中でのび太がママに0点のテストを見せて怒るシーンがあります。
のび太のママは決してヒステリックでも、「教育ママ」でもありません。
塾に行かせたり家庭教師をつけたりして上位の成績を望むわけでなく
ただ普通に、真っ当に育ってほしいと考えている「普通の」お母さんです。

このままで将来大丈夫なのだろうかと心配しているのに、悪い成績をとってきて反省の色を見せない、
それどころか呑気に落書きまでしている……
親だって人間です。カッとなってせっかく描いたらくがきを消してしまうのでした。

のび太は
なんでそんなに毎回怒るの?
悪い点数をとったのだって別にわざとじゃない、
成績が悪いことを気にしてないわけではない、
せっかく描いた「夢」だって消さないでほしい、
どうして僕の気持ちをわかってくれないの?
とショックを受けるのです。

その2人のすれ違いが歪を大きくし家出にまで発展させてしまうのです。

家出してからドラえもんは(道具を使って、ですが)自分だけの力で生きる努力をさせようとします。
最初はちょっとしたキャンプの気分、
親に不満のある子供だけでワイワイやるだけ!文句も言われない!自由!!

でも小学5年生の少年少女の、たった10年ぽっちの人生で
一番多く触れてきたのは周りの友達ではなく、親です。
まだ成長期に入ったばかりで親離れができてない子どもたちは
夜になってしまうとつい、親の顔が頭をよぎるのでした。

そしてこのままずっと帰らないのはまずいからいったん家に帰ろうと提案するのでした…。

子どもは子どもで夜遅くに帰るのは叱られるから気が重いし
親は親で子どもが心配だから怒る。そのすれ違いがさらに親と子どもの歪を深くしてしまうのでしょう。

でも、その日、のび太のママはちがった。

夜遅くに家に帰ってきたのび太を見てのび太のママは

「のび太!!!今までどこへ行っていたの!!!!」

といつもなら怒鳴っていたことでしょう。

でものび太の
「何か言いたそうだけど言えないでいる顔」「怒られるのを覚悟して怯えてる顔」を見て
自分の行いを見つめ直し、のび太のママは静かにこういうのです。

「…ご飯、食べるならさっさと食べなさい」


怒られると思っていたのに怒られなかった、
それどころか何も聞かずにいつも通りの態度で接してくるママにさすがののび太も戸惑いを隠せずにいるのでした…。


親の心理変化に気づいたのび太は家出することで罪悪感を感じ、
また、ママが怒るのは自分にもきちんと悪いことがあるからだとわかっていくようになるのです。


そして作中最後、長い長い大冒険と家出の後、のび太が家に帰ってくるシーン。

のび太のママが、のび太が家に帰っているのか冷や冷やしながらそっと部屋を覗くと、
机で寝ているのび太がいる、それを見て安心すると同時に、きちんと勉強してある跡を発見する…
机の上で気持ちよさそうに寝ているのび太とそれを見つめて微笑むのび太のママ、
メインは家出した先で出会った原始人のククルとの冒険ではありますが、
そうなった元々の原因は親と子どものすれ違いです。
その2人のすれ違いが見事に収束していく、見事なシーンだと思います。

親は子供の成長していく様子が見たいし、子どもだって親に甘えたいのです。
でも正直にそんなこと言えるわけがない、この無言のやりとりが見事に描かれているところが
今回の映画の最大の魅力だと思います。

子供の心理描写だけでなく親の目線に立った心理描写がきちんと描かれていたところが
この映画の最大の魅力であり、私が家族向けであると言った理由です。



実はドラえもんの映画は声優が変わってから一度も見たことがなかったんですが、
(最後に劇場で見たのはおそらくワンニャン時空伝です)
いやほんとに見てよかったです。

ファミリー映画といえばクレヨンしんちゃんなんかも有名ですね、
でもあっちはしんちゃんの目線より親の目線に立った描写の方が多いような気がします…
あっちは本当に「家族」でメインに動いていることの方が多いので
正直なんともいえないです、だって求めてるものが違うから。
しんちゃんにとって一番の存在はとーちゃんとかーちゃんであって、友達じゃないです。

ドラえもんのメインはあくまでドラえもんとのび太であり、メインキャラは友達で、
家族はメインキャラではなく環境の一部です。
だからこそ、今回親の目線での描写が新鮮で心が打たれたのかもしれません。


あと単純にこういう家族の心理描写に弱いんですよね。


34_20160329000258eea.jpg

ポケモンの映画、ルギア爆誕、実はポケモンの映画で一番好きなんですけど
フルーラがかわいい以外にも理由があって、

映画終盤で、サトシのママことハナコがサトシが心配でアーシア島まで来て

「なんでこんな危ないことしたの!!!!」

って詰め寄るシーンがあるんですけど、
それを見たカスミが

「でも…サトシは世界を救ったんですよ?(だからそんな言い方しなくても)」

ってフォローを入れると

「世界を救う?命がけでする事?サトシがいなくなったらサトシの世界はもうないの。

私の息子は、もういないの…あなたがいるから、世界があるの」

って言うシーンがあって、
親の思いがストレートに伝わってきて本当に好きです、多分こういうのに弱いんですね~…



ドラえもんに話を戻します。
メインはククルとの友情とかだと思うんですけど
個人的にはこの家族との駆け引きが一番好きなところでした。








以下、ものすごく真面目な感想































































































































dremn2.jpg
drmn4.jpg
drmn3.jpg








………ククルくん、めっちゃえっちじゃない?


いやね、なんか、序盤、5分くらいククルきゅんが飛びまわったり駆けまわったりするシーンがあるんですよ。






ヤバイ。








CV白石涼子のショタってだけでヤバイ。




ショタにも男性声優使って女釣ろうぜっていうこのご時世にだよ??????


CV白石涼子



わかってらっしゃる。




それだけじゃない、なんかもう表情全部ヤバイ。

語彙力が溶けたオタクだからそれしか言葉が出ないんだけどヤバイ、シコい。


序盤の5分、少年らしく自由に元気に振る舞う姿だけでなんかもういろいろやられました、TNK。





ククルきゅんの腋とかそういう問題じゃなくて見てこれ





drmn5.jpg



この曲線



えっちじゃない???????


なにこれ



これはだめですよ




だめです




これはいけない




drmn7.jpg



アアアアァァァアアアアア~ッ♡♡♡♡





ククルきゅんちょっとなにこれえっちすぎない???????




ていうかえっちだった…。



ヤバいよ、ククルくんがエロいから見て、ほんと見て


そんでお願いだから


クラヤミ族にククルくんが性奴隷にされてる薄い本誰か描いてお願いしますなんでもしますから!!!!!!
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://pokemon710.blog.fc2.com/tb.php/126-58628b2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック