FC2ブログ

ポケったりなんかしたり

ポケモンのweb漫画描いてます。(左のメニューからどうぞ)あとは対戦実況したり、アニメの感想書いたりイラスト描いたりしてます。

a2fa9c9b.jpg


いま流行りのオタク版の街コン、いわゆる「オタコン」に行ってきました。



その感想・レポです。参考になれば嬉しいです。








とりあえず街コンについて軽く説明していきます。


・そもそも街コンってなに

婚活にくらべ気軽に楽しく参加できるのが特徴で若い人を中心に盛り上がっている。
街コンは、街ぐるみで行われる大型の合コンイベントである。
一般的な合コンと異なり、参加者は少ない場合でも100名以上、規模の大きいものでは3000名弱にもなる。
同性2名以上で1組となり、開催地区の定められた複数の飲食店を廻る。


(wikiより引用)


オタク街コンはその名の通りオタクの街コンです。



・参加するには?


そのくらい自分でググってくれ


基本的にはHPとかで申し込めばOKですが、年齢制限などがあるのでご注意を



・参加費は?


わたしが参加したものだと男性8000円・女性2500円でした。



・男女比は?


これ一番気になるところですよね。


わたしが参加したものは男女比1:1になるよう調整されていました。


男女合わせて大体100人くらいかなあ



・何すんの


わたしが参加したものは男女4人でお話して、30分ごとに男性が移動…といったかんじでした。


事前に参加者のプロフィールが配られるので、それ見ながら「へぇ、このアニメが好きなんですね」とか話をします


合コン行った事ないけど多分合コンと同じだと思います。知らんけど。







以下、レポ・感想


結論から言うと、ふつうに楽しかったです。




元々は地獄を見るために興味本位で参加しました。


金払って地獄を見れば後日飲み会やブログのネタになるのでアド!


ふつうに楽しかったらそれはそれでアド!


物は考えようですからね。




結局は地獄を見ることなくふつうに楽しんできました。



地獄のようなレポの方が絶対に面白いしわたしも地獄を見にいくつもりだったんですが


ふつうに楽しんで帰ってきたんで正直負けた気分ではあります。



まあそれでいろいろと気づいたことがあるのでぜひ参考になればと思います。




まず、私が参加したのはこちらのオタパ!でした。



結構規模は大きめで男女合わせて100人くらい?ダーツバーを貸し切ってやってました。


スタッフさんがとても丁寧でよかったです。言っとくけど別にこれステマじゃないからね。



それでは以下気づいた点です


◆似たようなオタクが多すぎる

第一にこれです。
いやオタク街コンに限らずふつうの合コンでもあるあるなんじゃないですか?合コン行った事ないけど。
ポケサーの交流会などでもよくある現象です。
オタクの差別化は基本的にtwitterの美少女アイコンで差別化するのでね。

差別化は大事です。
PT組むときに自分のPTが例えば電気が重くなったりしたら
「うーん電気受けれて電気タイプがよく持ってるめざ氷も受けれるポケモン…地面・氷タイプのマンムーかなあ」
みたいなかんじでPT組むんですがそんなかんじ(?)です。

同じ水・電気タイプでもランターンは蓄電で電気無効にできるしWロトムは浮遊で地面技を受けない…とか、
水タイプで草タイプの技を等倍以下に抑えられるのはルンパッパとオニシズクモとペリッパーとまあいろいろいるけど
でもその中でも草食マリルリは完全に無効にできるから…
みたいなまあそんなかんじで差別化されているわけです。

水タイプにこだわってるのは学祭で水統一組んでたからで
ポケモン自体はにわかなので水タイプ以外のポケモンのことわからないです。

話逸れてアレなんですが、これ一応ポケモンのブログだから多少はね…?

まあでもこれ別に奇抜な服装にしろ!とかメイクを盛れ!とかそういう意味じゃないです。

私の参加したオタク街コンでは事前に自己PRなるものを書いて
それを参加者全員に冊子で配ってどんな人が参加しているのか一目でわかるようになっていました。


◆名前を覚えやすくしよう

これ自分でもめっちゃ思いました。
今回は完全に好奇心で参加してたのでニックネーム決めるときも
twitterでアンケートとって決めた「ゴミがついたマリル」という完全にネタみたいな名前で参加しました。

アレですね。オフ会のノリです。合コンする名前じゃない。もっとまじめにやって。

他にももっと変な名前の人いるかなと思ったんですが自分が一番目立っていた。

間違いなく悪目立ちでインパクトはあったようで、いろんな人から
「やべえ人がいると思いました」
って言われました。自分でも反省しています。

でもそのおかげで名前を名乗っただけで一発で覚えてもらえました。
実際自分もこの名前のおかげで変に目立ちはしたものの、
いろんな人に声をかけられたので名前でアド取ってたんじゃないかなあ。

さすがに街コンみたいな場で悪目立ちするようなクソみたいなニックネームつける必要はないと思うんですが
名前のインパクトは大事だと思います。
30分交代でいろんな人と話すのでぶっちゃけすぐ忘れます。

本音を言うと名前欄で大喜利大会してると冊子見てるこっちが面白いので名前で大喜利大会してほしさはある。


◆プロフィール欄で差別化しよう

いやこれ本当に大事です。
オタク街コンは好きなアニメとかのこと書く欄があるんですが
そこで他のオタクと差別化するようにしてください。
なんでかというと、話題がないからです。

なんていうか、その人とじゃないとできないという話題がないんです。

30分で交代するのに他のオタクと同じようなことしか書いてなかったら
正直忘れますよ。私も何人か忘れてます。
だって同じようなオタクと同じような話しかしないんだから無理です。無理。
女の子も確かに見た目とかで差別化してますが正直女の子もふつうにレベルが高くて
かわいい恰好してもかわいい女の子がたくさんいるのでちゃんとプロフィール欄で差別化した方がいいです。

さて、プロフィールで差別化すると言いましたがこれはどういうことかというと
例えば好きなアニメや漫画など書く欄があるじゃないですか。
そこで基礎教養科目みたいな作品で埋めないってかんじでしょうか。
簡単に言うと「みんな知ってそうな作品」がこれに当たります。
なるべく他の人と話せる話題が多い方がいいからって
プロフィール欄にみんな知ってそうな作品書いておいたって言ってる人がいたんですが
実際それで話題は尽きないでしょうが印象に残らないです。

KP表作ろうとしたんですがめんどくさかったので止めました。
パッと見た感じ男女ともに多かったものは
Fate、ラブライブ!アイドルマスターシリーズ、ポケモン

女性に多かったのは
刀剣乱舞、あんさんぶるスターズ、テニスの王子様など女性向けやジャンプ作品
男性に多かったのは
ソードアートオンライン、ノーゲーム・ノーライフといった深夜アニメ作品
だったような気がします。

特にFateは書いてない人を数える方が少ないといったかんじでしょうか。
ただ、FateはFGOのみをやっていて本編知らないみたいな人もいたのでそこは本当に人それぞれですね。
(FGOしかやったことない人もいれば、原作ゲームを当時リアタイでやっててここまで来た人もいた)
ポケモンに至ってはプロフィールに書いてあるのに新作(USUM)を買ってないとか
アニメを見てないとか、DPで止まってるという人もいたので
コンテンツがでかければでかいほど地雷率(ここでいうとどれほど知っているか)も上がります。
無難にこれ書いとけば間違いないやろ~wという気持ちもわかるのですが
オタクは基本的ににわかが嫌いなので
もう少し慎重になった方がいいんじゃないかな……というところがあったりなかったり。

みんなが知ってそうな作品
コアな人なら知ってそうな作品
マイナーだけど知ってたらテンション爆上がりするという作品
の3種類くらいに分けて書くといいかもしれません。
私はこれでめっちゃ趣味会う人見つけられた(同性)ので大事だと思います。

もちろん差別化しなくてもいいんですがそれはめちゃくちゃかわいいだとかめちゃくちゃイケメンで
外見その他いろいろなところに自信あるとかそういう人ならまだいいんですが
全体的にイベントのレベルが高めでかわいい人もカッコいい人もふつうにたくさんいたので
自信があったとしても差別化はした方がいいんじゃないかなと思いました。


◆お腹から声を出そう

周りがざわざわしているので声が聞こえないことが多かったです。
ぼそぼそしゃべっているとどんなに面白いこと言っててもマジで聞こえないし、
「聞こえなかったのでもう一度言ってください」
ってあんまり人に言える人もそうそういないと思うので(ましてや初対面だし)
なるべくお腹から声を出すというかはきはきというか、
ふつうに聞き取れるレベルの大きさに+してちょっと大きな声でしゃべった方がいいかもしれません。


◆アニメや漫画以外で無難な話題をひとつ持とう

お互いオタクなので趣味が合わず話題が見つからなかったときに沈黙しそうになってしまうところが多かったです。
オタクはこういう時が一番地雷なのでアニメ以外でなにか話題をもった方がいいです。
どうせ30分で交代するので30分凌げる話題があれば十分です。
それこそお酒とか映画とか車とかグルメとか旅行とかまあなんでもいいんですがあった方がいいと思いました。
合わなかったらその後仲良くしなければいいだけの話なんですが、
交代までの30分苦痛な時間を過ごすのとなんとか凌いでお互いなんとか話せるのだったら
後者の方がいいんじゃないかなあと思います。

ちなみに私はアニメ以外の話題がないクソのようなオタクなのでそういうときマジで焦りますね。
「それどういう内容のアニメなんですか」とかでもいいのでなんとか30分凌ぐ練習くらいは
しといた方がいいんじゃないかなあと思います。


◆二次会に参加しよう

30分交代の1次会で印象に残ってもらうこと、正直厳しいです。
すぐに別の話題、別の人で「上書き」されてしまうからですね。
名前を付けて保存みたいな人はそうそういません。
ていうかそもそもメモするだとかそんな時間がない。

そういうときに便利なのが時間に縛られない二次会です。
用事がないならなるべく参加した方がいいんじゃないかなあと思います。
私も二次会の方がいろんな人と話せて楽しかったです。

ただ男性は料金が高めなので雰囲気で合わない感じがしたら無理に行かなくてもいいと思います。
逆に女性は安いので女友達を見つけたいとかそういう場合は参加した方が絶対にいいです。


◆LINEを交換したら忘れないうちに何の話をしたのか書いておこう

お互いすぐ忘れます。


◆ソシャゲのフレンドになろう

万が一LINEは切られてもフレンドを切る事は少ないみたいです。


◆街コン用のtwitterアカウントを作る

これは完全に提案なんですが、わたしはLINEやグループLINEといったものが本当に苦手で
(返事を返さないといけないみたいなアレがマジでだるくて通知をよく溜めてしまうんですよね)
twitterで自分をアピールしつつ気に入った話題を取捨選択してワイワイ話したいみたいな
人はこっちの方がいいような気がしてならないです。
どんなに仲が良くてもLINEの返事を自分から切ってしまうことが多いんですよね…
あれ?ふつうの人ってLINE続くの…?





気づいた点もあれば街コンで気を付けた方がいいなと思ったこともありました。


◆ワンチャン狙わない

彼女作るなら街コンの方が絶対コスパいいんですがワンチャン狙うなら素直に風俗行った方がコスパいいです。


◆「気に入った人いた?」としつこく聞かない

それ自分のタイプじゃない人に言われたらどう返すんですかね…(困惑)
男にしろ女にしろお互い幸せになれない場合の方が多い質問なので言うのやめましょう。
あと男の人が女の人に「みんな同じに見える」とか女の人が男の人に「いい人全然いない」とか
言ったりするのもテンション落ちるだけなので思うだけにして言わない方がいいです。

逆に男同士・女同士で「かわいい子いた?」とか「全員同じに見える~w」とか
ワイワイ盛り上がるのはアリだと思います。


◆込み入った話をしない

最初なので表面上のみの話題とかでいいと思います。
人間性は二の次で最初は雰囲気が合うか合わないかとかでいいと思います。
これは極端な例ですが初対面の人に「実は借金があって…」とか言われても困惑するだけですよね…


◆口調に気を付ける

チンパンジーなのですぐ語彙力溶かして「アドォ!!!」とか言ってしまう。
あと淫夢語録の汎用性がありすぎて出てしまうことがよくある。
自分は趣味合う人とワイワイする分にはすごく楽しいのでいいんですが
真面目に婚活するつもりなら気を付けた方がいいです。当たり前ですね。


◆酒の飲み方に気を付ける

悪酔いしがちな人は飲まない方がいいと思います。


◆料理の盛り付け?取り分け?について

わたしの行ったやつはバイキング形式だったんですけど
各自好きなように盛り付けるのが基本なんですけど
たまに卓でみんなで取り分け合っているみたいな卓もありました。
それで
「みんなで取り分け合ってるのに自分の分しか持ってこないとか~」
とか言ってる人がいたので、理不尽ではあるんですが
余計な争いごとを減らすためにも聞いた方がいい場合もあるみたいです。
みんなで取り合ってるのに~というルール自体を設けない方が
余計な争い生まなくて済むとは思うんですけどね…


◆自分の話ばかりしない

オタクによくありがちなパターン。
私がLINE苦手でツイ廃なのはこれができないからなんだと思います。
オタクは基本的に自分の話を一方的にしがちです。
○○ってアニメ知ってますか?えー!知ってるんですか!第何話で○○が××するところが好きなんですけど
第何話で●●が○○するところも神で~~~~
みたいな感じで延々と話をしてしまうみたいな人は気を付けた方がいいかもしれません。
私もマジでこういうことよくやりがちで人のこと言えないのでアレなんですが。


◆その他いろいろ

街コンって合コンといっても必ずしも男女のパートナー探す必要はないんじゃないかなと思いました。
女の人は「同じオタク趣味の女友達がほしくて」と言ってる人もいましたね。

オタク街コンは趣味の合う人が集う場を提供する場であり、
主催も楽しめるように企画を考えてくれています。
ポケサーの交流会の合コンバージョンと考えてくれていいと思います。

なので無理に男女でパートナーを探すよりも男も女も関係なく趣味が合いそうな人を見つけるというのを
まず一つの目標にした方がハードルも低くなっていいんじゃないかなあと思います。
特に男の人は1万円近くお金がかかるので無理に女の人見つけようとして
収穫0だった~とかだとふつうに辛いと思うしそれで落ち込むくらいなら
ガチャ回した方がマシだと思うんですよね……。
お金や趣味に回す時間を街コンに費やしている分楽しんだ方がアドが取れると思うんですが
どう楽しむかは本当にその人次第なんだと思います。

地獄を見に行ったはずなんですが本当にふつうにふつうのオタクの人しかいなくて
対戦後に聞いてもないのに構築語りだすタイプのヤバイタイプの人っていうのは
ほとんどいなかった印象です。
っていうか楽しかったです。
趣味の合う友達もできたので個人的には満足のいく結果となりました。
あとカブトボーグも布教できたので個人的には言うことないですね。

オタク街コンは怖いところではなく、趣味の合う人を見つける場としては絶好の場所ではないでしょうか。
もし興味のある人がいて、この記事を参考にしてくれたら嬉しいです。





今回地獄を見れず地獄のような報告を聞きたかった人には面白くない記事になってしまったことお詫び申し上げます。


もし何か地獄が見れてネタになりそうなものがあれば人柱になるので教えてください。




おしまい。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://pokemon710.blog.fc2.com/tb.php/148-77d3d381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック