ポケったりなんかしたり

ポケモンのweb漫画描いてます。(左のメニューからどうぞ)あとは対戦実況したり、アニメの感想書いたりイラスト描いたりしてます。

JPG14_20140511202715ac7.jpg



実は4月からとある大学のポケモンサークルにお世話になっていまして



サークル内で開かれた「地方統一大会」に参加してきました!



ルールは、各地方(カントージョウトホウエンシンオウイッシュカロス)で統一PTを組んで戦うというもので



私はマリルリちゃんが使えるジョウト地方にしました!





マリルリ(マミさん)

mamisan.png



どうしても使いたかった


持ち物:とつげきチョッキ
技構成:アクアジェット、たきのぼり、じゃれつく、はたきおとす


前作とは違ってフェアリータイプが追加され
じゃれつくという一致強力な物理技を得て一気に厨ポケ化したポケモン

受験と、しばらくモンハンやら黒ウィズやらガルロワやらメルストやらの他のゲームをやってて
そもそもランフリすら一昨日初めて潜ったというレベルだったので
ほとんどテンプレ構成となっています。

ランフリを潜ったことがないのでとにかくギルガルド
どう戦えばいいのかよくわからず、ギルガルド対策ではたきおとすを入れればいいみたいな
話を聞いてはたきおとすを入れたようなもの
(なんという糞雑魚)

ちなみに結果から言うと

そもそも6世代を使った人が1人しかいなかったのと
その人と戦ってないためにあんまりギルガルドを意識することはなかったです。


いちおう素早さはギルガルドよりも遅くするためにSは逆V(個体値0)
性格も勇敢にし、最遅のマリルリとなっています。

よくわからないまま最遅のマリルリにしたら
メガボスゴドラのメタルバーストが当たらないという幸運(?)が起こったのが今回の収穫です。

ただ遅すぎるため本来なら抜けるはずの相手も抜けないのが少し痛い。
あと火傷に弱い、物理アタッカーの悲しいところですね。

あとチョッキ型のため特殊耐久はあっても物理耐久はそんなにないため
強力なアタッカーに後だしできないのも痛い。
そういう意味ではBWのテンプレ、オボンの方が使いやすい印象でした。






バクフーン(バクたろう)

bakutaro.png


ジョウトといえばスカーフバクフーンでしょ!!!



持ち物:こだわりスカーフ
技構成:噴火、オーバーヒート、いわなだれ、きあいだま


2世代の御三家ポケモンの1匹
リザードンと全く同じ種族値を持つもののタイプの違いや
向こうはメガ進化を獲得してしまったため大分差がついてしまったポケモン

スカーフ噴火バクフーンといえばHGSSからずっと使われ続けている型で
バクフーンの代名詞のようになっています。
(ていうかそれ以外考え付かなかった)
努力値もお決まりのCS振り、思考停止で噴火を打っていく型です。
特性は猛火

鋼や草ポケモン対策に入れたのですが…
とにかく柔らかい
もともと固くないので先制攻撃ですぐ使えなくなる上にステロに弱い
あとコイツ2回もオバヒ外しやがった
猛火が発動しても赤ゲージの噴火では赤ゲージのメガサーナイトすら殺せない(それは仕方ないか)

そもそも2世代の炎ポケモンって5体しかいないという。
(そのうち2体は準伝、伝説)
ヘルガーは元々紙耐久で襷持たせて戦わせるのが主流だったのですが
あっちはメガ進化を獲得し、ある程度耐えられるようになったのに対し
バクフーンは相変わらずメインウェポンが噴火だったり耐久もあんまりだったり…
(耐久向けではないのは炎ポケ全般に言えることだが)

あとコイツはシングルで使うよりもダブルトリプルで
日照りキュウコンと組ませて戦わせると真価を発揮するポケモン(だと思ってる)なので
無理やりシングルに連れてきてしまった自分の責任であるのは間違いない
(でもオバヒ2回も外したのは許さない)

PTもバンギ、ヌオー、ハッサムと砂パに近い構成だったので
そもそもPT自体に向いてなかったのもあまり活躍できなかった原因だと思ってます。



バンギラス(マルセイユ)

maruseiyu.png


メガ進化枠


持ち物:バンギラスナイト
技構成:けたぐり、ストーンエッジ、龍の舞い、かみくだく



2世代から登場し特性すなおこしで砂パとしてはいなくてはならない存在。
同じ特性を持つカバルドンが4世代から登場したが
あいつのメインウェポンはあくびだったりするのと使い方が全然違うので住み分けはできている。
また種族値が高く(600族)物理特殊の両刀もできる優秀なステータスと
技もそれなりに使えるのが多くずっと猛威をふるってきた。
ただ、タイプが「岩・悪」の複合タイプなため
格闘4倍だったり弱点が多かったりもするのが悩み。
しかし、今回からはメガ進化を習得したので不一致弱点程度じゃ落ちなくなった、そんなポケモン


メガ進化枠に入れたかったのでバンギラス
もともとヌオーを使う予定だったのもありPT的にはなくてはならない存在でした。
とにかくステータスが優秀。
初めてXYでメガ進化する奴を真面目に使ったんですけど
メガ進化すると種族値が700になるため、強すぎて逆に引くレベル。
ただ格闘タイプには弱い、これは仕方ないので他の奴で補ってやりたいところでした。
統一パだったら夢エーフィですかね、理由はあとで書きます。

とにかくXYでは自分の経験が一切ないためテンプレ構成になってしまいました。
けたぐりはガルーラ対策です、といっても自分で考えたわけではないという…。

こいつはテンプレにしなくても種族値が優秀だからもっといろんなことができそうなので
これからいろいろと使ってやって考えていきたいです。




ポリゴン2(ひまり)

himari.png



BWの流用です、この枠に夢エーフィをいれたかった


持ち物:しんかのきせき
技構成:どくどく、じこさいせい、からげんき、冷凍ビーム



ポリゴンショックの後アニメから姿を消してしまったポリゴン、
しかし、5世代から「しんかのきせき」というアイテムのおかげで
ゲームではかなり見かけるようになった。
アニメでは犠牲になってしまったがゲームでは救われたんだね!
元々そこそこの耐久を持っていたがきせきのおかげでかなり凶悪になったポケモン



BWの流用で育成が間に合わなかった時の緊急処置でいれました。
コイツ自身は全く悪くないのですがPT的にはコイツのところに
格闘に強い奴を入れればよかったと何度も後悔…
いや、育成間に合わせなかった自分が悪いんですが。

BW時代からの流用なためBW時代の話になってしまいます↓
技は10万ボルトとかトライアタックとかでもよかったのですが
コイツを見た瞬間どくどくしてきたり鬼火してくる奴が後を絶たなかったので
からげんきをいれてみたところ意外と刺さった

特性がトレースなのでこちらに有利になるのと
ゾロアークが潜んでいた場合トレースが発動しないので見分けることができます。
特性アナライズもかなり強力ですが、持ってないからしゃーない

6世代では「はたきおとす」が
ただ道具を落とすだけでなく、道具を持っていると威力が1.5倍になり威力が上がったため
「はたきおとす」の所持率がかなり高くなりました。
そのためきせき持ちが前提のポケモンは6世代ではあまり活躍出来なくなってしまったように思えます。





ハッサム(ミーナ)

hassamu.png


2世代といえば悪と鋼が新しく追加された時期でもあるからハッサムはいれておきたいよね!



ハガネール?うっ…頭が…



持ち物:こだわりハチマキ
技構成:とんぼがえり、バレットパンチ、むしくい、はたきおとす



2世代登場の鋼・虫の複合タイプのポケモン
その優秀なタイプのため弱点が炎しかないというめざ炎ホイホイなポケモン
5世代から同じくめざ炎ホイホイナットレイ、シュバルゴが登場し、
BWではコイツらのせいでPTに1体は炎タイプかめざパ炎がいれられるようになった。
タイプは優秀だが覚える技はそんなに多くない。
タイプ一致で一番強力な技がシザークロスなためそこまでビビる必要はない、と思いきや
特性にテクニシャンがあるためむしくいバレットパンチはかなりの脅威になる。
特性のおかげで強力なバレットパンチが出せるためバレットパンチはハッサムの代名詞ともいえるだろう。
しかし焼かれると死ぬ、ほぼ確実に死ぬ。
虫だから仕方ない、そんなポケモン。


バンギラスとヌオーのサポートにいれました。
6世代はフェアリー(マリルリ)が脅威なのでハッサム、
またハチマキを持たせることで相手をビビらせるのが目的です。
6世代マジでよくわかってないので。
あと鬼火されてもそんなに怖くない、いやこちらとしてはかなり痛いんですけど
マリルリみたいに何もできなくなるわけではないので、そこは…
ただハチマキは読まれやすいのと場合によっては使いにくい場面も多く感じるので
そこはまだ考える余地がありそうです。




ヌオー(はるとまん)

harutoman.png


2世代の癒し、ヌオーだよ!!!



持ち物:ゴツゴツメット
技構成:じしん、のろい、じこさいせい、あくび



やる気なさそうな顔してるけどサポート技を多く覚え、
サポートにして使うとめちゃくちゃ仕事してくれる、こんな顔なのに
夢特性はてんねんのため、積みアタッカーにめちゃくちゃ強い。
積みストッパーという名は有名すぎる夢メタモンの影に隠れてしまった、そんなポケモン。


今回の大会で一番仕事をしてくれたのがヌオーでした。

B耐久に振ればそこそこ耐えてくれるものの特殊には弱いためそこは補ってあげる必要があります。
弱点は草のみ(4倍)のため、そこは注意が必要…だけど
6世代ではファイアローとかいう焼き鳥が草ポケモンを駆逐してるらしいので割と環境には刺さってる気も。
というよりファイアローと組ませるのがいいのかもしれない

振れば固くなるけど素の種族値がそんなに高くないため
物理アタッカーに後だしで出したりすると普通に死にます。
逆に、相手を火傷にするかのろいを積んだ状態で待ちかまえておけば
相手が草タイプじゃない限りは大体持っていってくれます。
鈍いを積んだ状態ならメガガルーラも持っていけると思います。

あくびで交替を誘って鈍いを積むのが理想ですね、普通に読まれますけど。


技構成を見た時点でおわかりかと思いますが
地面技が当たらない「ふゆう」持ちや飛行タイプにはこちらはなんにもできないです。
こちらが飛行タイプとふゆうになんにもできないのを向こうにわからせないようにして
どう立ちまわるかというところに一番頭を使いました。

とりあえず他のポケモンで飛行タイプやふゆう持ちを潰しておくことがこいつを使う上では最優先したことです。
といっても大体の飛行タイプはほとんど物理アタッカーなので
鈍いを積んでおけば向こうから自滅してくれるといったパターンが多かったのが救いですね。






今回のPT見たらおわかりかと思いますが

とにかく

キノガッサに弱い


対3世代には本当にボロ負けでした。

反省点としては

何故夢エーフィの育成を間に合わせなかったのかです。


夢エーフィならきのこの胞子も怖くない上にガッサに強気でいけるのに…

あとレベル1ココドラにPTを崩される

といった悲劇も起こりました。

普段はエテボースで対処してるのに!(ていうかレベル1ココドラのこと全く考えてなかった)
霊タイプをいれなかったのもよくなかったですね、次回からしっかり考えておこう。




全体的な感想としては誰もが対策を考えたであろう4世代(特にガブリアス)がいなかった
(誰も4世代を使わなかった)のが意外でした。
あと6世代も全然いなかったという…

ポケサー入って初めての大会でしたが
すごく穴が目立ったPT作りをしてしまったことに反省です。
でもヌオーが活躍できたことは大きな収穫ですね、これからもっともっと使っていこうと思います。


これを機にXYでの対戦も本格的にやっていくつもりですので
これからこんな感じの記事が増えると思います。
そろそろ対戦実況もやりたいしね!!





いいなと思ったらランキングボタンをクリックしてください!
喜びます


にほんブログ村 ゲームブログ ポケモン(ゲーム)へ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


にほんブログ村 アニメブログへ


FC2Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ポケットモンスターX・Y - ジャンル:ゲーム
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://pokemon710.blog.fc2.com/tb.php/69-b3aac16a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック